スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
おいしそうな絵本(3)『おまたせクッキー』『まほうつかいのノナばあさん』
おまたせクッキー
4032024006おまたせクッキー
パット ハッチンス 乾 侑美子

偕成社 1987-09
売り上げランキング : 90,248

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お母さんが焼いてくれた12枚のクッキー。サムとビクトリア、二人で6枚ずつ。さあ食べようというとき、ピンポーンと玄関のベルが鳴り、友達が訪ねてきます。合わせて4人。クッキーは1人3枚。その後もどんどんお客さんが増えて、とうとう1人1枚というとき、再びベルが、ピンポーン…。

みんなクッキーが減って不安そうな顔するけど、誰も嫌な顔はしない。
普通はついつい自分のことを優先したくなって、顔に出したりしてしまう。
自分が多く食べることより、大勢で食べる方がいい。
人といい時間を過ごすためには大事なことですよね。
そういうことが描かれてます。

最後にまたベルが鳴るオチもいい。
人が増えることでだんだん部屋の様子が変わっていくのとか、お母さんが、実はなかなか床掃除が進まないのとか、細かいところも探すと楽しいです。
絵もカラフルで色合いがかわいい。
オススメです。


まほうつかいのノナばあさん
ma02.jpg

4593500648まほうつかいのノナばあさん
トミー・デ・パオラ ゆあさ ふみえ

ほるぷ出版 1978-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

優しい魔法使いのおばあさん、ストレガ・ノナは、まじないの言葉を唱えると、スパゲッティがひとりでにあふれ出てくる魔法の鍋を持っていました。畑仕事や掃除のためにノナに雇われたアンソニイは、鍋に触ってはいけないとノナ言われているのに、それを試してみたくてたまりません。ある日、ストレガ・ノナが留守のときに、思いあまって鍋を使ってしまいます。まじないを唱えると、スパゲッティは鍋からあふれ出し、まじないは大成功!のように思われたのですが…

とにかく絵がステキです。
色が優しくてキレイ。
昔のお話、という雰囲気が出ています。

最後に、町中にあふれかえったスパゲッティを1人で食べさせられたアンソニイだけど、これは笑えないよ…(汗


気が向いたら、クリックお願いします。
スポンサーサイト
【2005/12/02 23:38】 おいしそうな絵本 | トラックバック(1) | コメント(0) |
おいしそうな絵本(2)『ぐりとぐら』『11ぴきのねことあほうどり』『たんじょうび』
ぐりとぐら
4834000826ぐりとぐら
なかがわ りえこ

福音館書店 1967-01
売り上げランキング : 794

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

のねずみのぐりとぐらが、森で見つけた大きなたまごで、これまた大きなカステラを作るお話。

鍋にあふれんばかりのカステラには小さいとき胸をときめかせたものです。
このお話の中で一番ぐっとくるポイントは、たまごも鍋もボールもでっかいのを、小さいぐりとぐらが小さいホイッパーなんかを使って一生懸命料理してる様子。夢があるなあ。


11ぴきのねことあほうどり
477210033411ぴきのねことあほうどり
馬場 のぼる

こぐま社 1972-01
売り上げランキング : 38,788

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11ぴきのねこがコロッケの店をはじめました。ところが、毎日余ったコロッケを食べねこたちは、コロッケにうんざり。「ころっけはあきたよ」「おいしいとりのまるやきがたべたいねえ」。ある日、そんなねこたちの前に一匹のあほうどりが現れて…。

なかなかシュール。
食欲でもなんでも、自分に素直でのん気なねこたちが見せるドタバタは、くすっと笑えて、かわいらしくて、どことなくあったかい。
最後になんだかんだ言いながらおほうどりたちのために必死にコロッケを作りまくるねこたちの姿はほほえましいです。いい話だ。

1わ、2わ、3わ、4わ、5わ、6わ、
7わ、8わ、9わ、10わ、
11わあっ
にもウケた。

もう一つ、

たんじょうび
4-8340-0048-6.jpg


4834000486たんじょうび
ハンス・フィッシャー おおつか ゆうぞう

福音館書店 1965-10
売り上げランキング : 69,755

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

動物たちが、大好きなリゼッテおばあちゃんの誕生日のために、一生懸命お祝いの準備をする。

心があたたまるお話。
最後のプレゼントがステキです。

これまた私が小さいころ好きだった絵本。
ケーキは焦げちゃったけど、犬のベロが大きなケーキを頭にのせて運ぶ姿がかわいい。私はぐりとぐらといい、これといい、「夢みたいに大きいお菓子」に弱い子どもだったのだろうか?

ねこのマウリとリル。犬のベロ。おんどりが1わ、めんどりが6わ、あひるが7わ、うさぎが8匹、やぎが1匹。
いっぱい動物がでてきて、数遊びとか、うさぎさんはどこかなー?とか言って遊んだりもできそうですね。



気が向いたら、クリックお願いします。
【2005/12/01 21:07】 おいしそうな絵本 | トラックバック(0) | コメント(3) |
おいしそうな絵本(1)『チップとチョコのおつかい』『ジャムつきパンとフランシス』
最近、ちょこちょこ近所の図書館に行くようになって、
夜8時くらいに子どもの少なくなった絵本コーナーをふらふらしてると、小さいとき好きだった懐かしい本とかみっけて結構楽しいのです。

なので、これから絵本の紹介なんかやってみようかと思います。

第一弾は、題して「おいしそうな絵本」。
いろいろなお菓子とか、料理とか、ヨダレの出そうな絵本です。

チップとチョコのおつかい
489423226Xチップとチョコのおつかい
どい かや

文溪堂 1999-05
売り上げランキング : 159,932

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

かわいい子犬の兄弟チップとチョコが、いちごジャムのサンドイッチを作るために二人でおつかいに行くことに。ところが、お店に行くとなんといちごは売り切れ。今度はいちご畑に行っていちごをたくさんわけてもらえた二人ですが、帰り道お腹がペコペコになってしまい…

そうか…。我慢できなかったか。そうだよね。いっぱい歩いたしね。
最後に怒りもせずに、残ったいちごでプリンを作ってあげるお母さん。
なんて優しいの。

いちごジャムのサンドイッチとイチゴいりパンプディングのレシピ付きです。


ジャムつきパンとフランシス
ko019.jpg


4769021011ジャムつきパンとフランシス
ラッセル・ホーバン リリアン・ホーバン 松岡 享子

好学社 1972-01
売り上げランキング : 62,327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ジャムつきパンが大好きだけど、他の食べ物をちっとも食べないフランシス。「そりゃ、たべるものは、いろいろあるわ。そして、いろんなあじがするわ。でも、ジャムつきパンなら、どんなものかよくわかっているからあんしんだし、それに、いつたべてもおいしいんだもん。」
次の日の朝ご飯。メニューはオレンジジュースとトーストにのせたおとしたまご。でも、フランシスの前にはジャムつきパンだけ。お昼のお弁当もジャムつきパン。おやつもジャムつきパン。晩ご飯も…。みんながおいしそうにいろんなものを食べるところを見て、フランシスはついに他の物も食べてみることに。

こちらのお母さんはなかなか厳しい方です。
ジャムつきパン以外にもいろんな料理が出てきます。しろいパンに伊勢エビのサラダをはさんだサンドイッチ。想像するとヨダレが…。



気が向いたら、クリックお願いします。
【2005/11/30 23:36】 おいしそうな絵本 | トラックバック(1) | コメント(1) |
| ホーム |

calendar

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

links

search

template
by
amycco.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。