スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ともだちがほしかったこいぬ*哲学的あったか絵本
ともだちがほしかったこいぬともだちがほしかったこいぬ
奈良 美智

マガジンハウス 1999-11
売り上げランキング : 44,914

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

大きすぎて、誰にも気付かれずにいたこいぬ。
ずっとずっとさびしかった。
それに気付いたのは、ちょっと生意気そうな小さな女の子。
そして、二人はともだちになった。
二人で過ごす、楽しい時間。
昨日も今日も、明日も。

奈良美智さんのあの絵と、哲学的なストーリーが特徴のこの絵本。

後半数ページはイラストだけ。
ストーリーがある分、ただのイラスト集よりキャラクターに思い入れが強くなるかも。

大きすぎて、誰も気付かないなんて、哲学的ですね。
人間は外の世界を感覚するのには能力の限界があります。
速すぎるものは見えないし、大きすぎる音は聞こえない。
どこかに、このこいぬと同じように孤独を感じている存在がいたりして。




気が向いたら、クリックお願いします。

スポンサーサイト
【2006/02/13 21:33】 絵本 | トラックバック(0) | コメント(3) |
| ホーム |

calendar

01 | 2006/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

links

search

template
by
amycco.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。